おっとせい

      2017/04/22

おっとせい

哺乳類の動物。海洋に住み、泳ぎを得意とする。食べ物は、魚。
泳ぐのに適した体になっていて、前足はヒレのような形をしている。
後ろ足も同じようにヒレのような形をしているが、足というよりイルカやサメの尾に近いイメージだ。
地上で歩くのは不得手で、陸上では這うように移動する。
寒さに強いように、水をはじくゴムのような分厚い皮膚で覆われている。
悲しそうな目。
日本で普段行く海辺ではあまり見ることができないため、日本人とおっとせいとの出会いは、もっぱら水族館となる。
水族館のショーで、輪っかをくぐったり、ボールを鼻先で回したりと器用な芸当を見せてくれる。
芸が出来たときは、トレーナーの水族館職員からご褒美の魚をもらう。
動物丸出しでめちゃくちゃうまそうに食べる個体と、さも「ま、これくらいできて当然ですよ」と言わんばかりにクールに平らげる個体がいて、面白い。
私も現実世界で、何かうまく出来たときは、そういう魚のようなご褒美が欲しい。
おっとせいばかりずるい。

こちらの記事も読まれています

 - 個人でやってる辞書