著しい

      2017/04/22

著しい

度合いが極めて大きいこと。成長が著しいといったり、成果が著しいといったように使う。
具体的にはどれくらい大きければ著しいと言えるのだろう。
成長で言えば、普通の能力の人が1、2、3、4と成長していくところを、1、5、8、14のように成長していった場合は著しいと言っていいだろう。
もしこれが、1、3、4、6くらいの成長度合いであれば、著しいという言葉の範囲からは外れるかもしれない。
いいことばかりでなく、悪いことにも使う。
例えば、現代人は著しいストレスに晒されているといった使い方もする。
こういう表現を見ると「まじかよ現代終わってるな」と思うが、もちろん現代にも他の時代にはない、いい面もある。

こちらの記事も読まれています

 - 個人でやってる辞書